肉離れはスポーツ選手に起こるもので、運動をしていない一般人には無関係と思われがちです。しかし、そんなことはありません。信号待ちをしていて、青になった途端に走ったら、肉離れになったと言うサラリーマンもいます。日常生活でも、予期せぬ動きをしたときに起こる可能性があると言うことを分かっておきましょう。ちなみに、夏場よりも冬の方が発生する確率が高くなると言われています。また、ミネラル不足の人は肉離れを起こしやすいと言われているので注意しましょう。普段からミネラル豊富な食べ物を摂取したいところです。ミネラルが豊富な食べ物は色々ありますが、バナナはおすすめです。スタミナフルーツとも言われており、ミネラルだけでなくビタミンや糖質もバランスよく含まれています。そのまま食べるのもアリですが、ジュースにしてもいいでしょう。

肉離れの原因はストレッチ不足だけではない

肉離れの原因はストレッチ不足と言うことばかりが注目されますが、原因はそれだけではありません。疲労も原因になります。運動後ストレッチをしっかり行わないと、上手く疲れをとれません。結果、肉離れを起こすリスクがグンと高まります。もちろん、運動後にストレッチをするだけではいけません。やはり、疲れをとるには睡眠が重要になってきます。月並みですが、早寝早起きを心がけましょう。深夜まで携帯電話やパソコンをいじり、起きるのも遅いと言うのではどんどん疲れは蓄積されてしまいます。また、お風呂も大事です。シャワーが中心と言う人が多いですが、湯船に浸かるようにしましょう。夏でもです。しかし、半身浴がいいと言うわけではありません。30分以上浸かると、逆に体力を消耗してしまいます。これらを心がければ、肉離れも起きにくいでしょう。

肉離れを防止するストレッチ

肉離れを防止するためには、運動する前にストレッチを行っておきましょう。何の用意も行うことなく、ハードな運動を行ってしまうと、筋肉がそれについていくことができなくなってしまいます。無理に体を動かそうとすることで、筋肉に負担をかけることになり、怪我の元となってしまいます。体に対するダメージを防ぎながら運動するためには、必ずストレッチを行ってから本格的な運動を行ってみましょう。ストレッチとして、体を伸ばすための屈伸運動や関節付近を柔らかくする運動を行っておくことで、体を守ることができます。充分なストレッチを行っておくことで、急な動きにも対応できるようになり、運動中の痛みを防げるようになってきます。また、ストレッチによって、身体能力を引き出すことも可能になり、いつも以上にパワーを出すことも可能です。

慢性化しないために適切な処置をしましょう。 普段とは違う体の使い方をするとするときにケガの確立が高まります。 完全に疲労回復をしないとケガにつながりやすいです。 体が硬いとケガをしやすいです。 慢性化または再発させないようにしましょう。 スポーツで怪我をしないカラダづくりをするための情報が載っています。 スポーツ大好きな方向けのケガ防止情報が載っています。 肉離れや骨折など怪我をしない5か条は「スポーツ119」